ワインの保存方法【開封後&飲み残し】

仲間と楽しくやっていると、飲みきれないとわかりながらも新しいワインを開封してしまうときがあります。

ワインは開栓してしまうと、どうしても味も香りも劣化してしまう。

そうわかっていても、一杯だけワインを飲みたいときもあります。

そこで今回はすぐに風味が落ちてしまう開封後のワインをできるだけおいしく保存していく方法をご紹介していきます。

劣化するのは「空気」のせい

どんな飲み物でも開栓後は味や香り、色などが劣化してしまいます。

これは空気に触れることで起きる現象で、もちろんワインも同じ。

しかしワインは瓶のなかでも熟成が進んでいる飲み物なので、空気に触れることには特に敏感だといえます。

 

例えば、ボトルのまま長期熟成されたヴィンテージワインはボトルからそのままグラスについで飲むということはしません。

なぜならボトルからすぐにグラスにつぐと急激に空気に触れることで、あっという間に果実味が落ちてしまうからです。

そのためヴィンテージワインは、デキャンタージュ(別の器へ移すこと)してから飲みます。

熟成させたぶん、味も香りも高まっているワインを抜栓後すぐに劣化させてしまうのは、もったいないですよね。

開封したワインは早く飲むのが吉


開封したら空気に触れにくいよう、ボトルを立てて保存しておきましょう。

抜いたコルクが使えるようであれば、保存時もコルクをします。

コルクが使えない場合は、できるだけ空気が入らないよう栓をしてください。

保管場所は、適切な鮮度を保たせてくれる冷蔵庫へ。これで大体1週間は大きな味の変化なしに楽しむことができます。

できるだけ味や香り、風味などが損なわれずにワインを楽しみたいなら、3日以内に飲むのがおすすめです。

保存は「空気を入れない」がキーワード

ワインが早く劣化してしまうのは,開栓すると液体が空気に触れてしまうせい。

だから保存方法のポイントは「空気を入れない密閉度の高さ」にあります。

それをふまえ、以下3つの方法をお伝えします。

1.ワインストッパーの利用

ワインの保存方法のなかでもっとも広く知られているのは、ポンプ式のワインストッパー(ワインセーバー)を使うこと。

ワインストッパーとは、ポンプで瓶内の空気を抜くことで、ボトル内を真空に近い状態にしてくれる便利グッズです。

数あるメーカーのなかでも「バキュバン」や「SWISSMAR」が人気で、長年愛用しているという方も多いです。

実際コルクそのままを使うよりも酸化を防げると評判で、ワインバーなど、プロの間でも使われています。

2.ボトル内に窒素ガス注入

少し値がはりますが、コラヴァン社が出している「コラヴァン」という商品も、ワイン好きから高い評価を得ています。

コラヴァンは、キャップシールをはがさずコルクも抜かずに、真上から細い針(ニードル)を差し込むことでワインを注ぐことができるというもの。

コルクを抜かずに保存できるので、限りなく空気に触れることが少ないといえ、画期的なアイテムとして注目されています。

白も赤も一杯ずつ飲みたい……そんなときに活躍してくれそうです。

3.小さなビンへ移し替える

特別なアイテムを使わずに保存できる方法はないの?

そんな疑問を持った方が試してみるべき方法は、ワインボトルよりも小さな瓶に移し替えることです。

ボトル内の空間が小さくなることで、必然的にボトル内酸素に触れる容量が減少し、劣化の進度を遅めることができます。

いずれもご紹介した保存方法は、短期間(1週間以内)を想定したもの。

特にヴィンテージやオールドヴィンテージワインなどには不向きなので、貴重なワインを手に入れたときは、飲みきるのがおすすめです。

 

いろいろな保存方法がありますが、開栓後のワインの風味や果実味は3日で落ちるといわれています。

美味しいものは、美味しいうちに消費したほうがなにかとお得です。

まとめ

ワインは成長し続ける飲み物です。多様に変化するからこそ、ワインは人々を魅了しているといえます。

ワインは種類も豊富で、実にさまざまなタイプがあります。なかには1週間たってもさほど風味が落ちないものもあります。

いたしかたなく保存することになったときは、いっそのこと逆転の発想で、変化する味や香りを楽しんでみるのも一興かもしれません。